ぎっくり腰の治療ポイント【肩甲骨】

今日はぎっくり腰の治療ポイント【肩甲骨】

というタイトルでお話ししていきます。

シリーズでお話ししていますぎっくり腰について

今日は実技編です。

実際にぎっくり腰で来院された患者さんへのアプローチ法、

テクニックをお伝えしていきます。

今回は上肢帯の筋肉へのアプローチです。

狙うポイントは肩甲骨周りの筋肉です!

広背筋、肩甲骨下角、肩甲骨内側縁、菱形筋

になります。

これらにアプローチすることで

動きが出やすくなります。

方法は肩甲骨を把持して徒手的に緩めていく、

機材を使い刺激していくという方法があります。

大事なのは、施術をしながら動きの確認をしていくことです。

全てのポイントが必ず楽になるポイントとは限りませんので

1つのポイントごとに動きのチェックを行い

楽に動かせるポイント、痛みが減るようなポイントかどうかを

診ていってください。

なかなか、文章ではお伝えしにくい部分もありますので

動画でさらに詳しく説明していますのでぜひチェックしてみてください。

動画はこちらをご覧下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

           

オンラインに頼らず、チラシも使わず

新規患者30人呼ぶ集客方法

新規集客セミナーを開催します。

詳しくはこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://therapist-online.net/lp/index_b.html