【五十肩治療】肩に触らず痛みを取る筋肉調整

五十肩の治療法についてシリーズで

お伝えしています。

今日は筋肉調整についてです。

以前、筋肉調整についてお伝えしたことが

ありますが、具体的な使う筋肉や施術方法について

お伝えしていきます。

使う筋肉は鎖骨下筋、腕橈骨筋、母子球、小指球、

第3腓骨筋、足底筋、縫工筋になります。

肩に直接触れずに治療効果を出すということが

この筋肉調整のメリットになります。

五十肩の患者さんの場合、肩自体の痛みが強く、

触られることや動かすことによって痛みが出やすく、

患部に触れる治療では不快感、不安感も出やすくなります。

そんな時に今回お伝えしている、筋肉調整を使って

治療を行ってもらうと安心して治療を受けてもらえ、

治療効果も高まります。

ぜひ、五十肩の治療の参考にしていただき、

1人でも多くの患者さんの改善の手助けに

なれると幸いです。

動画で詳しくお伝えしていますので

ぜひ、参考にされてみてください。

動画はこちらをご覧下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

                           

オンラインに頼らず、チラシも使わず

新規患者30人呼ぶ集客方法

新規集客セミナーを開催します。

詳しくはこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://therapist-online.net/preseminar/