【五十肩治療】柔整師でもできる経絡・循環の調整

五十肩の治療法についてシリーズで

お伝えしています。

経絡というと、柔整師の先生はイメージしにくいかと

思います。

ただ、知っておくだけでも治療の幅が広がりますので

ぜひ、参考にしてみてください。

東洋医学の考えで体には色々なツボがあります。

ツボ同士の繋がりを経絡と言います。

そのツボ同士の流れが悪くなることを気の通りが

悪い、乱れるといいます。

この経絡の流れを良くすることで症状の改善にもつながります。

そのツボの中で合穴・八総穴というものを

使って刺激していくと症状の改善に効果があります。

これらは手首、肘、足、膝回りにあります。

詳しく知りたい方はぜひ、調べてみてください。

これらのツボにアプローチすることで治療効果が高まります。

また、血管に対してアプローチすることで血液循環を

改善し症状の軽減につながります。

体表から触知することができる血管として

頸動脈、鎖骨下動脈、上腕動脈、橈骨動脈、尺骨動脈

鼠径動脈、膝窩動脈、脛骨動脈、足背動脈

このような体表から触知しやすい血管に

アプローチして循環を良くしていきます。

刺激する部分や、アプローチ法は

動画で詳しくお伝えしていますので

ぜひ、参考にされてみてください。

動画はこちらをご覧下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

              

オンラインに頼らず、チラシも使わず

新規患者30人呼ぶ集客方法

新規集客セミナーを開催します。

詳しくはこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://therapist-online.net/preseminar/