五十肩を反対側で治してみよう

五十肩の治療法についてシリーズで

お伝えしています。

先生は右の五十肩の患者さんに

左肩を触って治療することはありますか?

このように患側と反対側に対して

アプローチすることを反対側治療と言います。

鍼灸治療の考え方の中に

巨刺(こし)・繆刺(びゅうし)というものがあります。

柔道整復師の先生で鍼灸治療に接する機会がない場合は

このような治療法に接する機会は少ないと思われます。

大まかな考え方としては

左側の症状を治療するために、右側のツボを使う

ということです。

この治療の場合、患側の肩に触れずに治療することができます。

痛みが特に強い場合は患部に触れるだけでも

不快な感じがありますので、そういった

デメリットをなくした治療ができます。

ぜひ、先生の治療の参考にしていただければと思います。

動画はこちらをご覧下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

                      

オンラインに頼らず、チラシも使わず

新規患者30人呼ぶ集客方法

新規集客セミナーを開催します。

詳しくはこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://therapist-online.net/preseminar/