五十肩を広背筋と股関節から改善

五十肩の治療法についてシリーズで

お伝えしていこうと思います。

先生は広背筋の起始部と停止部をご存知でしょうか?

なぜ、この質問をしたかというと、

五十肩の治療で広背筋を使うことで症状改善に

大きな影響を与えるからです。

広背筋は第5胸椎から仙骨までの棘突起、

腸骨稜、9〜12肋骨から始まり、

上腕骨の小結節稜に停止します。

これらの起始部、停止部にアプローチして

刺激することで症状の改善につながります。

次に五十肩の場合股関節の可動制限があること。

肩関節と股関節は連動性があります。

股関節の動きが良くなると

肩の運動制限も改善します。

肩と股関節、五十肩というとどうしても

肩ばかりに意識がいきますが、

ぜひ、大きな視野で見てみてください。

動画はこちらをご覧下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

               

オンラインに頼らず、チラシも使わず

新規患者30人呼ぶ集客方法

新規集客セミナーを開催します。

詳しくはこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://therapist-online.net/preseminar/