肩を触らずに五十肩を治療

五十肩の治療法についてシリーズで

お伝えしていこうと思います。

先生は五十肩の治療をする際には

どこを触って治療しますか?

痛みや可動域制限がある肩に直接治療を

することは、患者さんにとっても

いいものではありません。

そこで、考えていただきたいのが

肩を触らずにできる治療について。

五十肩の症状を緩和、軽減させるためには

肘と上部胸椎に注目してください。

五十肩の場合、肘は橈骨と尺骨のバランスが

崩れていることがあります。

橈骨が上に上がり、尺骨は下に下がるという

変位を起こしていることがあります。

この変化に対して、徒手的に施術を行ったり、

ローラー鍼や他の物療機械を用いてアプローチすると

変化が現れます。

また、上部胸椎にアプローチすることで

胸椎の動き自体が良くなり

肩の症状に変化を与えることができます。

ぜひ、五十肩の治療の参考にしてください。

詳しくは動画をご覧ください。

動画はこちらをご覧下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

                      

オンラインに頼らず、チラシも使わず

新規患者30人呼ぶ集客方法

新規集客セミナーを開催します。

詳しくはこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://therapist-online.net/preseminar/