発症して時間が経った五十肩が改善するヒント

五十肩の患者さんで発症して時間が経ってから

来院されることは少なくありません。

また、初期に来院されて、治療を重ねていきながらも

なかなか症状改善につながらない場合もあります。

では、時間が経過した五十肩の症状が改善できるものが

あったらどうでしょうか?

時間が経った五十肩へできること

それは…

環境を作っていくことです。

痛み、特に運動痛をどれだけ取り除いて

上げることができるかが鍵になります。

その運動痛を取り除くために

運動痛を取り除くことで動かすことへの

ハードルが下がり、治療結果に繋がっていきます。

運動痛の改善にできることは

肘の調整、手首の調整、上部胸椎の調整

内臓の調整、頭蓋骨の調整、お腹の調整

などがあります。

今日お伝えしたいことを動画にまとめています。

時間が経った五十肩の改善につながる

ヒントとなったいますのでぜひ、ご覧になり

実際の患者さんへの治療に役立ててください。

動画はこちらをご覧下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

                        

オンラインに頼らず、チラシも使わず

新規患者30人呼ぶ集客方法

新規集客セミナーを開催します。

詳しくはこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://therapist-online.net/preseminar/