【問診術】 本当の『共感と労い』の意味と目的

今日は問診をする際のポイントをお話ししていきます。

今日の問診におけるポイントは共感と労いについて。

問診をする際に共感と労いをすることが非常に大事になります。

なぜ、共感と労いをするのか?というと

初めて来院される患者さんと先生の間には

距離があります。

信頼関係が成り立っていないんですね。

信頼関係が薄い状態では患者さん側は

本当に言いたいことがなかなか

言いにくかったり、聞きたいけど聞きにくかったりと
いうことがあります。

先生側からすると信頼関係が薄いと、先生が伝える内容が

信用されにくいということがあります。

そんな患者さんとの信頼関係をぐっと強いものにすることが

できるのが共感と労いです。

実際にどのように共感と労いを行うのか?について

お話ししていきます。

動画はこちらをご覧下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

オンラインに頼らず、チラシも使わず

新規患者30人呼ぶ集客方法

新規集客セミナーを開催します。

詳しくはこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://therapist-online.net/preseminar/