【坐骨神経痛 症状改善テクニック】頚部を使って症状をその場で変化させる方法

今日は 【坐骨神経痛 症状改善テクニック】

頚部を使って症状をその場で変化させる方法

についてお話ししていきます。

シリーズでお話ししています坐骨神経痛について。

今日は坐骨神経痛の治療テクニックについてです。

坐骨神経痛の患者さんを診る際に頚部に注目することはありますか?

頚部にトラブルがあることで坐骨神経痛として症状が出ていることが

あるという考え方を持ってみてください。

坐骨神経痛の患者さんは下肢に症状を訴え問診していくので

なかなか頚部に着目するというイメージが湧きにくい先生も

多いのではないかと思います。

今、坐骨神経痛の患者さんで症状の改善が芳しくない方がいらっしゃれば

ぜひ、頚部を診て見ることをオススメします。

そして、今日お伝えしているkとをぜひ動画でチェックして

明日からの現場での施術に活かしてください。

それでは動画をご覧ください。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

明日、3月16日(土曜日)から 東京・福岡で治療アカデミープレセミナー・説明会を開催します。

詳しくはこちらから ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://therapist-online.net/preseminar/